ペット供養

ペット供養

動物のお墓

自宅にご遺骨を安置している方々の要望を受け、ペットのお墓を建立しました。
日蓮宗のお経『法華経』では、この世界のすべての生き物が仏様になれる心を持ち、仏様の種を持っているという教えがあり、草木でさえ成仏すると説かれています。ましてや、信仰し供養する動物を成仏させないことはありません。
私たちと共に暮らすペットは家族の一員です。しっかりとした供養を通じて、ペットに感謝を伝え、日々読経の声が響くお寺でやすらかな眠りをお約束します。

 

供養料

読経供養・動物廟納骨 30,000円
読経のみ 20,000円
※読経を省いた、納骨のみは承っておりません

納骨の方法は2種類

◆合祀納骨(他のペットのご遺骨と一緒) 管理料はかかりません。
◆個別納骨(骨壷のまま安置) 供養納骨料(3万円)の他に年間1万円の管理料をお納めいただきます。個別納骨が不要になりましたら、合祀致します。

※供養に併せての火葬をご希望の場合、ご遺体が痛みますので早めにお問い合わせください。火葬は約20,000円で承ります。ペットの体重により変わりますので、詳細はお問い合わせください。

 

ペットが亡くなったら

ペットが亡くなったら、死後硬直が始まる前に、手足を丸めるように内側に折った姿勢にしてあげます。目が開いている場合はそっと閉じてあげてください。汚れているところは湿らせたタオル等で拭き、ブラッシングを行い、口、鼻、お尻は体液が漏れ出る場合もありますので綺麗にしてあげてください。
次に遺体を安置するための箱やペット用の棺に安置してあげます。体液が漏れる可能性がありますので、下は新聞紙やタオルなどを敷きます。安置したら保冷剤やドライアイスなどで遺体を冷やしてあげてください。
延命院で火葬をする場合は日程を調整しますので、早めにお電話をください。