延命院とは

今から400年前

延命院のはじまりは江戸初期慶安元年(1648年)
徳川幕府第4代将軍徳川家綱公の乳人であった三澤局が開基となり、七面大明神社(谷中七面社)を守護する別当寺院として建立されました。
戊辰戦争、関東大震災、東京大空襲などの幾多の災難により堂宇を失いながらも、延命院は脈々と先師と檀信徒の篤い信仰のもと、継承してきました。
当山はJR日暮里駅より徒歩4分、千駄木駅より徒歩9分と交通の便の大変良い場所であり、近年ブームが起きている谷根千に位置しております。

 

延命院住職 下宮弘聖

延命院は江戸初期より400年続くお寺であり、その現当を預かる重責を担うことに、身の引き締まる思いです。身命を賭してこの職務を果たして参ります。
当山は日蓮宗の伝統や本質は守りながらも、現代社会に適応した新しいカタチを模索したいと考えています。
近くにお越しの際には是非お立ち寄りください。

本堂 一塔両尊四士

正面にお題目の宝塔、左右に釈迦牟尼仏と多宝如来を奉安し、地涌の菩薩の代表である上行菩薩、無辺行菩薩、浄行菩薩、安立行菩薩の四大菩薩。その前には宗祖日蓮大聖人がお座りになっています。

七面堂 七面大明神

七面大明神は法華経を信仰する人々をご守護して下さる女神です。当山の七面大明神は江戸時代に大変な信仰を集めたそうです。仏師弥兵衛によって作られたその仏像は秘仏となっており、お姿は一般公開していません。

※写真は普段安置している懸仏(秘仏の代わりとなる仏像)です。