おまもり

七面大明神おまもり

1体500円

谷中七面大明神お守りは、自分の願い事を書き入れるお守りです。
七面様の御前にてあなたの祈りをお守りに封じ、願いを叶えて下さいます。
おまもりはプレゼントしても良いですし、ご自身で使っても良いです。

 

七面大明神とは?

七面大明神は七面大天女・七面大菩薩ともいい、法華経の守護神であります。
延命院では 谷中七面大明神をお祀りし、さらにその龍神の鱗とされる寺宝が現存しています。
谷中七面大明神は江戸時代に大変な信仰を集め、慶安4年(1651)徳川幕府第四代将軍である家綱公の時代には徳川幕府の永代祈願所となりました。
そのお姿は秘仏となっている為、一般公開しておりません。

お守りの使い方

1願いごとを記入

2お守りに入れる

3七面様の御前で祈願

七面様に御祈願するときはお題目(南無妙法蓮華経)をお唱えしましょう。
願いが叶ったら延命院に再び参拝し、七面様にお礼を申し上げ、お守りを返却しましょう。
※郵送の場合は、谷中七面大明神の方角に祈願。

通販について

お守りは原則参拝者向けの授与としておりますが、遠方で参拝が難しい方を対象に郵送での申し込みを受け付けております。申し込み用紙に必要事項を記載し、お守りの金額(1体500円)に送料400円を添えて、簡易為替での普通郵便、または現金書留にてお願い致します。

申込用紙(エクセル)
申込用紙(PDF)

郵送先
〒116-0013 東京都荒川区西日暮里3-10-1
延命院おまもり受付係